ドクターベッタ哺乳びん Tassel PPSU/Glass

ドクターベッタ哺乳びんブレイン

PPSU
Glass

デザインへの思い

ドクターベッタ哺乳びんが20年目を迎えた節目の年に、
流れる時をイメージした「Time」という名のボトルを作りました。
そこから更に時は流れ、22年目を迎えた今年、
イメージしたのは、移り変わる歴史の中で生き続ける普遍的なもの。
それはたとえば、親から子へ惜しみなく注がれる無償の愛。
今後もドクターベッタ哺乳びんが、変わらず抱き続けるメッセージを、
「Tassel」のボトルに込めました。

clock clock
数量限定

ブレインガラス & PPSU セット

ガラスボトル240ml&PPSUボトル240ml、120mlに、洗浄、持ち運びに便利なアクセサリがセットに。期間限定のため、お早めに♪

販売終了しました

Tassel PPSU

PPSU

clock

Design

Tassel PPSU:イラスト面

ボトルのイラスト

重厚感のあるデザインに鮮やかな色味を。ミルクを入れると繊細なタッチが浮かび上がります。

Tassel PPSU:メモリ面

ボトルのメモリ

時計の針でメモリを表現。メモリ面も鮮やかな配色です。

Tassel PPSU:キャップ・フード

キャップ・フード

グリーン×レッド、オレンジ×ネイビー。ママの気分をフワッと上げてくれる配色です。

Tassel PPSU:パッケージ

パッケージ

大豆油由来のSOYインクを使用した環境に優しいパッケージです。

Tassel shop

飲む量が増えても安心、240ml。

ドクターベッタ哺乳びん ブレイン S2‐Tassel 240ml
ドクターベッタ哺乳びん

Nipple

助産師の声から生まれた力強いソシャクを促す
「ブレイン乳首」

ママのおっぱいのように力強いソシャクを促す固めの乳首。赤ちゃんが工夫しながら飲むように考えられています。噛んでソシャクしないとミルクが出てこない仕組みです。

一般的に言われている噛むことのメリットお口をもぐもぐ!
あごをいっぱい動かして飲める!

一般的に言われている噛むことのメリット

- 1 -アゴを発達させ
歯を丈夫に

- 2 -脳を刺激し
記憶力を高める

- 3 -集中力を高め、
ストレス緩和 等

ブレイン乳首に込めた助産師との思い

高級プラスチック PPSUボトル

医療機器などにも使われる
高級プラスチック素材

PPSU
PPSUの6つの特徴

高い耐熱性と耐衝撃性を持つ、このPPSU。そのレベルは透明プラスチックとしては最高なのだそう。ボトル本体の耐熱温度は、なんと180℃。その強さゆえ医療機器などにも良く使われる、とてもポピュラーな素材なのです。実績のある素材を採用することでより多くの安心をお届けしたい。ベッタの理想を追求した結果の新素材なのです。

PPSUボトルの
嬉しい3のポイント

1. 軽量で扱いやすい

お出かけにも最適。赤ちゃんとのお出かけは、何かと荷物が多くなってしまうもの。そんな時にも嬉しい軽さと丈夫さです。

2. どんな消毒もOK

高い耐熱性だから消毒方法が選べます。  ※ 乳首、キャップフードは耐熱120℃。

消毒方法
3. 耐衝撃性で丈夫

プラスチックならではの軽さと、PPSUならではの強さで扱いやすさは最上級。 どんな場面にも大活躍です。

Made in Japan

手作りのプラスチック
哺乳びんができるまで

日本で生産されているドクターベッタ哺乳びん。国内のプラスチック製品製造メーカーの知恵とすぐれた職人技でPPSU製ドクターベッタ哺乳びんは製造されています。

PPSUボトル

一般的に「プラスチックは大量生産している」というイメージですが、この不思議な哺乳びんのカタチは大量生産が難しく、難易度の高い製造方法を取らざるを得ない現実があります。1本1本機械の製造作業工程を見守り、おおまかにでき上がったカタチを、職人による丁寧な作業で完成商品へと作り上げていきます。品質を守りながらコツコツと製造を続けてくださる姿に、“未来を担う子供たちのため”という強い思いを感じます。

PPSU製では世界初!の成形方法

PPSU製でベッタの独特なフォルムを再現するには、たくさんの時間と手間がかかりました。いくつもいくつも研究を重ね、やっと誕生したベッタのPPSU製ボトル。PPSU製での成形方法は世界初!一人でも多くの赤ちゃんの成長のお手伝いができますように。

PPSUボトル
難易度の高いフォルムを
職人の手で丁寧に作り上げる
PPSUボトル製造過程

1原料が静かに流れ落ちてくるのを待ち、型で捉えてブロー。

PPSUボトル製造過程

2商品のでき具合を厳しい目で細かくチェック。

PPSUボトル製造過程

3適温まで冷まされた後、型から大まかなカタチで排出される。

PPSUボトル製造過程

4人の手により目視検査後、きれいなカタチにするために、余分な部分を手作業でカット。

PPSUボトル製造過程

5カットした後の処理。丁寧な手作業でバリを完全に取りきる。

PPSUボトル製造過程

6クリアにでき上がった哺乳びんの重さをチェック。この後印刷工場へ。

Photo/ ©Masaru MIZUSHIMA

Tassel Glass

Glass

clock

Design

Tassel glass:イラスト面

ボトルのイラスト

懐中時計とタッセル。繊細なタッチで描かれた懐中時計。クラシカルな雰囲気で時の流れ、歴史の重みを語ります。

Tassel glass:メモリ面

ボトルのメモリ

メモリ1本1本が時計の針。こちらも繊細な表現にこだわりました。

Tassel glass:キャップ・フード

キャップ・フード

深いピンクとブルーグリーン。重厚感にこだわったカラーリングです。

Tassel glass:パッケージ

パッケージ

リサイクル紙でのりを一切使用していないエコなクラフトボックスです。

Tassel shop

使い終わった後も、ずっと思い出に。ガラスボトルの魅力を堪能できる240ml。

Tassel Glass

販売終了しました

Nipple

助産師の声から生まれた力強いソシャクを促す
「ブレイン乳首」

ママのおっぱいのように力強いソシャクを促す固めの乳首。赤ちゃんが工夫しながら飲むように考えられています。噛んでソシャクしないとミルクが出てこない仕組みです。

ブレイン乳首
Tassel Glass

希少なガラスボトル

どんな消毒でも大丈夫

煮沸消毒、薬液消毒、電子レンジ消毒、どんな消毒方法でもOKです。

消毒方法

Made in Japan

ベッタのガラス哺乳びん

生産できる数が決まっています

ドクターベッタのガラス製哺乳びんは独特のカーブの成形が非常に難しく、機械で大量に生産することができません。国内で熟練の職人さんが一本一本愛情込めて手作りしているため、生産できる数に限りがあります。1本の哺乳びんに、赤ちゃんの未来への願いをこめて大切にお届けしています。

生産できる数に限りがあります
[数量限定] ブレイン Tassel ガラス&PPSU セット
[数量限定] ブレイン Tassel ガラス&PPSU セット
数量限定

ブレインガラス & PPSU セット

Tasselのガラス&PPSUボトルと洗浄用品などがセットに。期間限定のため、お早めに♪

販売終了しました

[数量限定] ブレイン Tassel ガラス&PPSU セット
PPSU
ドクターベッタ哺乳びん ブレイン S2‐Tassel 120ml

ブレイン S2‐Tassel 120ml
販売終了しました。

Glass
ドクターベッタ哺乳びん ブレイン Tassel Glass 240ml

ブレイン Tassel Glass 240ml
販売終了しました。

Photo Collaboration

〜 見たことのないドクターベッタ
哺乳びんの魅力を届けたい 〜
Bétta だけでは表現できないアプローチで商品の魅力を伝えるため、6人のフォトグラファーとコラボレーション。各フォトグラファーの視点で写しだされた『ドクターベッタ哺乳びんTassel PPSU』の魅力的な写真をご覧ください !

Photograph

「In The Beginning」Miwaza Jemimah
No.1 /
Title : In The Beginning |
Photographer : Miwaza Jemimah
「3時のおやつ」斉藤 啓介
No.2 /
Title : 3時のおやつ |
Photographer : 斉藤 啓介
「FUN! FUN! TIME!」Nozomi Nishi
No.3 /
Title : FUN! FUN! TIME! |
Photographer : Nozomi Nishi
「Owner at Peter Mahar Photography」Peter Mahar
No.4 /
Title :
Owner at Peter Mahar Photography |
Photographer : Peter Mahar
「ようこそ、赤ちゃん!」Miki Kumakura
No.5 /
Title : 「ようこそ、赤ちゃん!」 |
Photographer : Miki Kumakura
「Le brouillard du matin」Masaru MIZUSHIMA
No.6 /
Title : Le brouillard du matin |
Photographer : Masaru MIZUSHIMA

Photographer

Miwaza Jemimah
1

Miwaza Jemimah

1989年生まれのメディアクリエーター。2003年より行っている国内外でのコマーシャル撮影の他、国際ミニストリー等に携わる。African Business Institute立ち上げメンバー。

Title : In The Beginning

母から子へ、この先たくさんのことを伝え渡していくというシンプル、かつ重要な動きを、ボトルを渡す手と受け取る手で表現しました。

斉藤 啓介
2

斉藤 啓介

東京工芸大学写真学科卒。フリーランスとして広告や雑誌、ムービー撮影などで活動中。ベビー、キッズの撮影も得意。過去に個展『SWEDISH TIME』を開催。

Title : 3時のおやつ

次男はもちろん、長男もお気に入りだったベッタ。撮影中も2人で仲良く遊んでました。普段の撮影ではできないことをしたく、セットしてからは子供たちは自由に動いてもらいました。自宅で撮影したということもあり、自然な我が家の日常が撮れたと思います。

Nozomi Nishi
3

Nozomi Nishi

福岡生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業。デザイナーとして働いたのち、写真家下村しのぶ氏に師事。1児の母。書籍・雑誌・広告などを中心に活動中。2013年 Nidi galleryにて初個展 ”Just Before Dawn”

Title : FUN! FUN! TIME!

おもちゃ箱をひっくり返してお気に入りのおもちゃたちと遊ぶ。お腹が空いたらママとの美味しいミルクの時間。どれも楽しい!うれしい!ぼく・わたしの時間。

Peter Mahar
4

Peter Mahar

I started my company in 2010 and focused primarily on wedding photography. Since then I got married and my wife and I have been shooting destination wedding photography since 2013. We still mostly shoot weddings together but have started to branch out into advertising and am planning to move more in that direction.

Title : Owner at Peter Mahar Photography

I really enjoyed doing this project and figuring out creative ways to incorporate color. I wasn't planning on having my wife in the shot but she was wearing a colorful dress so I asked if she could sit down and read a book to our son. That's when I took the photo.

Miki Kumakura
5

Miki Kumakura

フォトスタジオで年間400組以上の家族を撮影。家族の日常の中の1枚を撮影するために、スタジオを飛び出して個人で出張撮影をはじめる。マタニティフォト、家族のための出張撮影「PkumaStudio」。赤ちゃんがママのお腹にいた愛おしい時間の記録であるマタニティフォト。子ども撮影も得意とする。来年からはニューボーンフォトの撮影も開始予定。

Title : 「ようこそ、赤ちゃん!」

赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに待っている、家族の想いを込めた作品です。家族が増える喜び、とにかく元気に、パパママの想い。ママのお腹にいたときからの愛情たっぷりの記録。哺乳びんも準備万端!もうすぐ会えるね!

Masaru MIZUSHIMA
6

Masaru MIZUSHIMA

新潟生まれ。2004年からフランス在住。数々の国内外の賞を受賞。雑誌などの撮影をしつつ、作品制作を続けている。2018年1月27日から3月11日迄、新潟県新津美術館にて「パリに生きる新潟の作家たち」に出展予定。

Title : Le brouillard du matin

この季節に出る商品なので、夏っぽくても爽やかさを出そうと、パリの中心を流れるセーヌ川を選びました。朝の光の中で、朝霧がかかったようなイメージでとてもフレッシュな感じが出せたかと思います。

Bétta Official